海外素材サイトのEnvato Marketってどうなの?

Envato Marketとは?

「Envato Market」とは、様々な素材やテンプレートを販売している海外サイトのことです。

その中の「Video Hive」というカテゴリでは、
After EffectsやCinema4D用の映像素材も豊富に扱っていますし、
素材を使う為のスクリプトなんかもあります。

先日、私もいくつか購入してみたのですが、
そのクオリティは非常に高く、
チュートリアルも丁寧で扱いやすい商品ばかりでした

その便利さ、質、価格からオススメしているブログも多いのですが、気をつけなければならない事があります。

厳しいライセンス形式

気をつけなければならない事…
それはEnvato Marketのライセンスです。

最初に言ってしまうと、
「Video Hive」の多くの素材やテンプレートは
1回使う度に買い直す(買い足す)必要があります!

ええ!?まさか…!と思うかもしれませんが、そうなっています。
https://videohive.net/licenses/standard?license=extended

この部分ですね。

Note to freelancers and creative agencies:
You may charge your client for your services to create an end product, even under the Regular License.
But you can’t use one of our Standard Licenses on multiple clients or jobs.

翻訳すると、

フリーランスやクリエイティブエージェンシーへの注意:
通常のライセンスであっても、お客様のサービスに対して最終的な製品を作成するためにクライアントに請求することができます。
しかし、スタンダードライセンスの1つを複数のクライアントまたはジョブで使用することはできません。

自動翻訳なのでややこしい日本語ですが、
実際に複数のバイヤーさんとやり取りして教えて頂いたので、
「1回使うとそこでライセンスは終了」で間違いないと思います。
(そうではないライセンスアイテムもあります※後述します)

普通はどうなの?

AfterEffectsのスクリプトやプラグイン、素材などは
国内だと「フラッシュバックジャパン」さん、
海外だと「aescripts+plugins」さんなどで購入できますが、
まあ一度買えば永続的に使えるものが一般的です。

ですが、Envato Marketの場合は違うのです。

Envato Marketで購入したアイテムを使った場合…

例えば、
鈴木さんに「鈴木物語」という映像制作を依頼されて、
Envato Market(Video Hive)で購入したアイテム(素材やテンプレート)を使って納品したとします。

その後、
今度は佐藤さんに「佐藤物語」という映像制作を依頼されて、
同じEnvato Market(Video Hive)で購入したアイテムを使って納品したとします。

その時点で、ライセンス違反となってしまいます。

Envato Market(Video Hive)のアイテムの場合は、
鈴木さんに「鈴木物語」という映像作品を納品したタイミングで、
ライセンス(使用権)は鈴木さんに譲渡する(買い取って貰う)ような形になるのです。
※表現として権利が譲渡されるだけで、
実際に素材やテンプレート、プラグインなどを渡す必要はありません。
それを鈴木さんが二次使用することも、もちろん出来ません。
そして、もう一度使いたい時は再購入しなければなりません。

なので、平たく言うと非常にコストパフォーマンスが厳しいのです(汗)

私は先日、セールしていたので軽い気持ちで購入したのですが
後々ライセンスについて熟読して、
「これは気軽には使えないなあ…」と感じました。

良い使い方はないの?

「金に糸目はつけないよ!豪華な映像を作っておくれ!」
…なんていうクライアントさんの案件であれば使うのもありだと思います。
また、締切まで時間がない中でなんとかしたい!と言う場合などに助けてもらえるかもしれません。

とはいえ、
素材は使う機会がピンポイントですぐに訪れるものでもありませんし、
データもモノによっては数GBあるので
「一度しか使えないモノにPCの容量が占拠されてる!」という点でもツライものがあります。

気持ちを切り替えて、
「ならば、適用したAeプロジェクトを解析する事で自分の糧にしよう!」
と思ったのですが、
バイヤーさんも想定しているようで、コンポジションの深い部分に行くと触れないようになってたりします(涙)

動画サイトに投稿する非営利目的でもダメなの?

ちなみに、Youtubeなどに投稿して色んな人に無償で見てもらおう!
というライセンスでも上記の設定が適用されます。

「映像作品として販売しよう!」とか
「有料会員だけが観れる形で配信しよう!」といった、
ビジネスに使いたい場合にはもっと高価なライセンスを購入する必要があります。

繰り返し使えるタイプの素材もある

一応、補足しておきますと、
「Video Hive」カテゴリの中には条件次第で繰り返し使えるタイプの素材もあります。

ただ、ライセンスの設定がややこしく、
誤解を招いても怖いのでここでの説明は控えたいと思います。
興味を持った方はご自身で調べてみて下さい。
※「Regular License」や「Single Use」と表記されているものは基本的に1回の使用のみ認められている商品です。
(シングルユーザーライセンスの事じゃないの?と思うかもしれませんが、違います)

また、ある意味で「ココナラ」とかと似たようなものですが、
バイヤーが自身の個人サイトで同じものを販売している場合があります。

その場合、「Envato Market」のライセンス契約に縛られていないので、
同じ商品が「繰り返し使える形」で販売されいているケースもあります。

おわりに

…ということで、私にとっては
「また勿体ないお買い物をしちゃったなあ…」というお話でした。

ライセンスについて分かった上で利用するなら、頼もしい素材販売サイトなのですけれどね。
この記事を読まれた方は、私と同じ失敗をしないように気をつけて下さいませ!

「なんて可愛そうなんだ、お仕事をあげよう」…なんて方がもしもおられましたら、
こちらからご依頼下さい!(笑)

→動画制作のご要望はこちらから!

海外素材サイトのEnvato Marketってどうなの?” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)