TVアニメレベルのMVを依頼した際の予算と制作期間って?

お久しぶりです。ヤクモレオです。

0歳児の育児とお仕事でいっぱいいっぱいで、
しばらくブログを更新する余裕がありませんでした(汗)

今回は私のサイトに時折来る、映像制作の問い合わせについて書いてみようと思います。

はじめに

MV(MusicVideo)制作を承っていると、
「テレビアニメみたいな映像を作って欲しい!」というお話をわりと頂きます。

「予算ならいくらでも出します!」…というお話なら良いのですが、
多くの場合は制作費や制作時間についてはあまり知識を持っていない方からのご相談です。
ご相談を頂いても、予算と制作期間の問題からお取引完了まで進む事はあまりありません。

過去に一度だけ、
クラウドファンディング用の1分間のアニメーションを頼まれて納品した事がありましたが
その時はロングショット用にCinema4Dで3Dのキャラクターを3体分作り、
アップ用にLive2Dでモデルを3体分作り、
それらで対応できない箇所はClipStudioPaintで手描きアニメを制作しました。
単純にAeでバラバラに読み込んだパーツを動かして作った部分もありました。

「マスコット的なキャラクター達」だった事と、「情景シーンが多め」だったので
他のお仕事もしながら、2ヶ月弱で何とか仕上がりました。
お客様には喜んでもらえましたが、
TVアニメレベルに出来たか?と言われると近いものにはなった…と言う感じでした。
費用については今回算出したものと結構近い額でした。

予算や期間をどうやって算出するの?

アニメの制作手法は様々なので
具体的な数字を書くのは難しいのですが、
今回はアニメ制作会社に勤めている友人に相談しつつ、
TVアニメレベルのMVを5分作るとしたらいくらかかるのか?を考えてみました。

今回の場合、アニメ制作に必要なすべての作業…
脚本、コンテ、作画、仕上げ、撮影、ダビング、編集などを一人で行った場合のお話となります。
大分無茶がありますが、あくまで目安の一つとしてご理解いただければと思います。

いくらで作れるの?

まず予算です。
現在のテレビアニメは一話につき約1300万円程度かかると言われています。
(総額予算を放送話数で割ったものなのでわりと幅がありますが)

ここでは1300万円を
脚本、コンテ、作画、仕上げ、撮影、ダビング、編集などをすべて含めた1話分の予算とします。

ザックリとした計算となりますが、
アニメ一話は22~25分なので分かりやすく25分で考えます。

1300÷25=1分で52万円です。
MVに使う楽曲が5分の場合、単純計算で260万円かかるわけですね。

どれぐらい時間がかかるの?

次に制作時間です。

打ち合わせや脚本、コンテ制作、編集などを考慮するといくらでも伸び縮みしてしまいそうなので、
最低限必要な手数から時間を考えてみます。

作画は動画班が約50人集まり、毎日8時間以上作業したとして約3ヶ月はかかるそうです。
少々乱暴ですが、今回はそれを元に一人で作業した場合として計算してみます。

一人で作業する場合、
50倍なので約150ヶ月かかることになります。
150ヶ月…12.5年です。
150ヶ月を13話で割ると、1話あたり11.5ヶ月なので約1年ですね。

1話は25分なので、5分だと5分の1です。
結果、約72日になります。

それ以外の仕上げや編集作業を含めますと90日ぐらいはかかりそうですね。

「一人で作業する場合、3ヶ月かければテレビアニメクオリティの映像が5分出来る」
…となります。

ザックリまとめると?

テレビアニメレベルの5分のMVを個人に依頼するとしたら、
『制作時間3ヶ月以上、制作費は260万円から~』
というのが一つの答えかなと考えます。

修正や変更も発生するでしょうから、実際はもっと増える可能性が高いです。
工程が進んだ状態で修正や変更、追加の要望があった場合には費用も制作期間も一気に変わってしまうでしょう。

もちろん、表現方法次第では制作期間や予算を大きく抑える事も出来ます。
が、テレビアニメのクオリティを求めるとそのぐらいはかかってしまう…とお考え下さい。

表現手法次第で納期も予算も抑えられる

さて、
ここまで読んで頂けば察して貰えるかと思いますが
個人にテレビアニメクオリティのMVを依頼するのは、なかなか無理がありそうです(汗)

制作側としてはその作業中は他の案件をすべて断る必要がありますし、
お客様側もそれだけの予算を出せるケースは稀でしょう。

なので現実的に考えますと
例えば、

「テレビアニメクオリティで動くシーンが一部ある」とか
「アニメーションはしないものの、髪の毛や衣服が風になびいて動いている」とか
「キャラクターがシルエットでアニメーションする」とか
「登場人物を絞って、3Dモデルを作って動かす」とか

そんな感じの魅せ方になると思います。

ちなみに私は最近こんな手法でアニメーションを作っています。
→こちら

また、海外サイトですが
→こちら
を見てもらうと、どういった手法で何分の映像制作を依頼すると、制作費用はいくら程なのか?
…といったシミュレーションが出来ますので、試してみると良いかもしれません。

Studioヤクモレオに依頼すると、どれぐらいかかるの?

最後に一応、宣伝を入れておきます(笑)

依頼する映像制作者によって得意不得意はあると思いますが、
私、ヤクモレオは元々講談社で漫画を描いていた人間なので
キャラクターが出てくるものやストーリー要素のある作品が得意です。
人物や背景の絵素材もこちらで制作できます。

また、TVCM用のコンテを年80本以上は描いているので
ある程度絵柄をご要望に合わせたり、絵コンテで流れを作り、確認してもらう…といった作業も得意です。

3DモデリングソフトのCinema4Dを愛用しているので、
3Dモデルを用いたアニメーションロゴアニメーションも制作できます。

音楽制作の環境も揃えているので、映像に使うBGMや効果音を制作することも出来ます。

MV(MusicVideo)も過去に何本か制作させていただきましたが、
予算は5万円~30万円ぐらいの案件が多いですね。
過去の作例は→こちら

最後に、映像制作を依頼される時
「こういうものは作れますか?」
とよく聞かれますが、
「予算はいくらで納期はこのぐらいですが、こういうものは作れますか?
と聞いて貰えると助かります。

そうするとこちらは可能か不可能かの返答と同時に、
「その予算と期限の中ではどういうことが出来るか」という返事も出来るからです。

どなたかの参考になれば幸いです!

映像、イラスト、漫画、コンテなどの制作、画像加工を承っております!→こちら

TVアニメレベルのMVを依頼した際の予算と制作期間って?” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)